今日も昼寝部 〈オーストリア支部〉

移住に最適な国 ランキング第7位(2016)のオーストリアより

初めてのミュージカル

明後日が初日のミュージカルの稽古が一番の佳境に入っています。ここ1週間近く、毎日衣装メイク付きの通し稽古があって、今日はやっとゲネプロ。
明日はプレビュー、明後日やっとプレミア。

私はここで働きだしてから、これまでミュージカルの公演は、いつも影コアのメンバーで、舞台の上に立つのはこれが初めて。
稽古は影コアよりずっと多いし、すごく疲れるけど、影コアで歌っているよりずっと面白い。

今の職場で本格的にミュージカルの公演が始まって3年くらいかな。ミュージカルというのは、多くのオペラに比べると、舞台に立つ人数が多くなくて良いので、うちの劇場はいつも約半分くらいが舞台に立ち、残りの半分くらいが影コアとしてオケピで歌うという形をとってきた。
その人選は、演出家がしているというと聞いたのだが、
私は同僚の中では若い方だし、ぱっと見、運動神経良さそうに見られる(実際は悪いけど。。w)から、何で私が選ばれないんだろうと毎回ミュージカルに合唱が乗ることになる度に、落胆してきた。
舞台に乗るメンバーはだいたいいつも同じなんだもの。

そして、段々、「あぁ、きっとあの演出家はアジア人をあまり舞台に立たせたくないんだな」
と勝手に演出家をラシスト扱い。w

オペラもそうだけれど、ミュージカルもほとんどは、その舞台がアメリカやヨーロッパだものね。
オリジナルに忠実にしようと思えば、そうなってしまうのは納得しつつも、あんまり良い気がしてなかったのは確か。真相はさておき。

でも、今回舞台メンバーにやっと選ばれたので、内心すごく嬉しかった。
ただ、私はバレエやダンスをこれまで習ったことがないし、リズム感が悪くてダンスも苦手な上、覚えも悪いので、そこはいつまでたってもコンプレックス。

それでも記念すべき人生初のミュージカル。明日のプレビューもがんばります!