今日も昼寝部 〈オーストリア支部〉

移住に最適な国 ランキング第7位(2016)のオーストリアより

心の狭い私

あれまぁ、前回の更新から夏休みを吹っ飛ばして、もう10月ですってよ!

 

それはそうと、この週末、大学時代の親友が遊びに来てくれていました。彼女の旦那さんのお仕事に同行したついでに一日滞在を延ばしてくれて、一緒に遠出して美味しいご飯を食べたり、思いっきり喋ったりしてすごく楽しかったです。

 

さて、彼女がくるのはもう前々から分かっていたのですが、本当はうちに泊めてあげたかったのに、うちにはお客さん用のマットレスやお布団がなく、今回はホテルに泊まってもらいました。

 

その彼女が来る2日前に、相方の友達が、急に彼に「寝袋持参で今週末遊びに行っていいか?」と連絡をよこして来ました。

よくは知らないけれど、奥さんに急に離婚を切り出され4歳の息子と離れ離れに暮らすことになった彼。

この週末はその息子さんと過ごす予定だったのが、急な予定変更で中止になり、ぽっかりと時間が空いてしまったというのです。

 

私は親友と水入らず(ちなみに相方とも既に何度か会っているので初対面ではありません)で楽しくワイワイ過ごしたいと思っていたので、正直、私は相方の友達がこの週末に我が家に来ることに対してあまり歓迎する気分ではありませんでした。(もうここから私の意地悪さ爆発)

 

まぁでも断るのもなんだしと思って、私も「いいんじゃないの?」と相方に言い、その友達も私の親友と同じ日に遊びに来たというわけです。

 

私は彼に一度だけ会ったことがあり、まるっきりの初対面ではなかったのですが、その時は相方と三人で小一時間食事をしただけでした。相方の国の言葉はわからないし、彼は英語は話すけれど、私は英語で話すのは疲れるので極力話したくないし、でその時の記憶はそれほどありません。

 

結局この日レンタカーを借りていたこともあり、相方、その友達、私の親友、私の四人で行楽に出かけました。

道中は私はほとんど親友と喋り倒していたので楽しかったのですが、なんかモヤモヤしたのは食事の時。

 

昼食を食べたレストランでの会計のこと。

我々は皆それぞれお料理などを注文し、さて支払い。相方が皆の分をまとめて払おうとすると、親友はすかさず「じゃあ私はみんなの分の飲み物とデザート代払わしてね!」と相方の強い制止も聞かずに払ってくれました。気の利く彼女らしい行動です。そんなことは私は望んでいなかったけど、ありがたいです。

そしてお料理の分は相方が皆の分を支払い。私は後でいつも自分の分は彼に渡すので一度に彼が払うのは別にいつものこと。

一応相方の友達は悪いと思ったのか、自分の分を彼に渡そうとはしましたが、それを断る相方。

 

実は、この日、朝食も相方が全て出していました。

まぁ、相方がご馳走すると言っているのだから私が文句言う権利はないのだけれど、相方の懐事情を知っている私としては、ちょっと不満。

 

なんか、こっちの都合も考えずに急に遊びにきて、お金はこっちに出させるだけ出させて。。。うーん微妙。。。

 

まぁこれは私の心の狭さですけどww

 

ちなみに、これは彼に限らず彼の国の風習だと思うんですけど、誰かのお家に泊まりに来るときには食べ物を持参することが多いようで、彼も大きなパンとサラミとワインをお土産に持ってきてくれました。

でもそれって、私が好きなものとは限らないし、残ってしまったら逆に邪魔になるので実はちょっと迷惑だったり。。ああ、また私の人間の小ささが。。

 

まぁイラっとするのは他にも理由があって、彼は穏やかに話す静かなタイプで良い人だとは思うのですが、もともと彼の国の言葉の響きがあまり好きではない私w

狭い家の中で常にその響きを聞くと言うのでも結構ストレス。

しかも、彼は「僕は息子にこれを買って帰りたい」とその日の夜仕事があってその時間が迫っていたので早く家に帰りたかった我々は、彼のためにショピングモールに立ち寄り彼が買い物を済ませるまで車で待ちました。

 

その日の夜仕事が終わって先に帰宅していて既に寝ていた私。仕事の後呑んできた相方と彼は2時過ぎに帰宅。

相方は私を起こさないように(もう起きてたけど)小声で話すのに、彼は普通のボリュウムで話し続けるし。。。ほら気がきかないっしょ。

仕方なく起き出していくと、「good morning!」と言われてカチン!「起こしちゃったらごめんとか言えないのかよ!!」と心の中で悪態をつく私w

そのイライラもあって、私はこの夜ほとんど眠れず。

 

家の中では、別に行儀が悪くもなんともないんですけど、トイレを立ってするのがまず嫌。彼の衣類からする強い柔軟剤の匂いに慣れなくて、自分の家がいつもと違う匂いがするのがなんだか嫌。(別に臭いとかそう言うわけではなくて、強い柔軟剤の匂いが嫌い)

食卓に香水の瓶をずーっと置きっぱなしなのも気になるし。。。

 

いきなり来ていいかと聞いてきて、泊まっていくのも二晩か三晩かまだ分からないと言って(私はいつ帰るのかちゃんと知りたいのに)、そんな穏やかにマイペースなところがすごくストレスなのです。

 

狭い居間と寝室しかない家なので、大人が三人そこで共同生活するのはやっぱり私には無理。いや、親友の場合は別ですけど!

 

それほど親しくない人と一緒に家にいて、好きでもない言語を聞き、慣れない柔軟剤の匂いに邪魔されると、許容量の少ない私にとってはストレス以外の何物でもなかった

 

私の親友は、すごく周りに気を使えるタイプで、時にそこまで考えなくても良いのに!と思うくらいなんだけど、いつも笑いがあって、そうやって周りの人にストレスを与えない天才なのです。

こんなことなら、なんとかマットレスを調達して、彼女に泊まってもらいたかったわ!

 

その彼女に比べて、彼のマイペースなところが私にはどうもダメで、明日の朝5時半の電車で帰る(そんなこと言ったらこっちまで超早起き決定でしょう。。。)とか意気揚々と言っているのを聞くともう、早くおかえりください。と言う気持ち。

 

こういうマイペースで、空気の読めないところが、彼の前の奥さんは嫌になったんじゃないかと思うくらいw

 

たった一日二日でもう限界なのに、奥さんだったら毎日こう言うことの連続だろうから大変だったろうなぁと、急に別れを告げた奥さんの気持ちが分かる気がします。

 

本当は今日帰ってほしかったwけど、明日の早朝、やっと彼が帰ってくれるので私は小躍りしたいくらい♪

 

こんな不満をつらつら書いていて、自分って本当にちっさい人間だなぁと思うのですが、狭いお家の中で、それほど知らない外国人と寝起きを共にする生活ってやっぱり私には無理〜。

これがもっと大きなお家であれば、私も少し違った感じで対応できると思うのですが、もう次回は無いなw

次回もし彼が来ることがあれば、是非私の不在時にしてくださいと相方にも強く念を押したいと思うところであります。

 

以上、私がいかに小さい人間かと言う説明でした♪