読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も昼寝部 〈オーストリア支部〉

移住に最適な国 ランキング第7位(2016)のオーストリアより

初めての妊娠→流産 記録⑥

大きな体の変化はなく、記録というものでもなくなってきたのですが、一応来週の検診までは経過を記録して行こうかなと思います。

 

今朝の体温は昨日と比べるとまた上がり、36.92度でした。体調は悪くはないのですが、時折生理痛のような腹痛がやってくることがあるので、その時には湯たんぽを抱っこして凌いでいます。

 

多くはないものの出血も続いています。お医者さんも、「2週間くらいは出血が続くかもしれませんから」とは言っていたので心配はしていません。

むしろ、もう、出るもんは出るだけ出ろ!という感じ。生理が始まったのが12歳頃のことでしたので、それからこれまで溜まってきたゴミなども、もういっそのことこの際一掃させてしまえたら良いなぁと思います。

 

そして、せっかく頂いた機会なので、これを機に、体に良さそうでないものはできるだけ食べないということも心がけたいなと。サラミを沢山食べられる〜などと、いつぞやの記録に綴っていますが、別にサラミがなくたって生きていけるわけで。。

ストレスがたまるとポテチを一気食いすることも結構あったのですが、今後改めようと思っています。

そして、面白いことに、ここのところクッキーやケーキ、チョコレートなど甘いものに対してそんなに美味しいと思わないのです。

妊娠中はそれこそ毎日のように甘いものを食べていた(食べたくなった)のが、今はクッキーとかも1,2個食べたらもうお腹いっぱい。

砂糖は体によくないと言いますし、ひょっとしたらこれも体の防衛本能なのかしらん。

 

さて、毎日経過記録だけでも退屈になってしまいますので、今日は、今回の流産のための処置について病院でもらってきた説明書きを紹介してみようと思います。

 

 

f:id:sophiekumi:20170226201151j:plain

このような説明書きを、この前クリニックに行った時にもらってきました。一応ここに書かれてあることは先生がきちんと説明してくれたのですが、それでも、当時精神状態も相当酷かったし、おっちょこちょいの私では、言われたことをきちんと覚えきれなかったと思うので、とてもありがたいことです。

 

余談ですが、診察の際、「ちょっと自分でメモしても良いですか?」と先生にペンを借りた時、先生が「お!素晴らしい!さすが日本人ですねえ」と褒めて(?)くれました。。^^;

 

このプリントはMifegneを服用する人に向けての注意書きなどが表記されてあります。

まず、最初に『使用方法及び治療方法、副作用』について。

先生の前でMifegyneを服用していますので、そのあとのことが説明されています。

 

特にアレルギーがない場合は、何月何日何時に2錠Cyprostolを服用する1時間ほど前に鎮痛剤を飲んでください。

それから3時間経っても出血が見られない場合は、さらに2錠Cyprostalを服用してください。

 

続いて

『MIfegyneの作用、治療計画、副作用について』

Mifegyneは妊娠維持に必要であるプロゲステロンというホルモンの働きを阻止します。このことによって、子宮入り口が柔らかくなり、開くことによって、子宮の収縮を促します。そして最終的に、出血し、流産が始まります。

この薬は、妊娠のとても初期で、死亡した胎児が2cmまでの時期に使用することができます。

 

『Mifegyneの使用方法 治療計画、副作用について』

薬物による中絶は次の2段階で成されます。

・Mifegyne(3錠)の服用。これによって治療が始まる
・その36〜48時間後にCyprostolの服用
10日から14日後に、排出プロセスが完了しているかどうか検査のための診察が必要です。
・Mifegyeの服用後に出血が始まる場合があります。しかし、これは胚芽が排出されたという意味ではありません。予定通りCyprostolを2錠服用してください。
・4〜5日はタンポンの使用は禁止
・多くはCyprostol服用後、3〜4時間で出血が始まります。この出血は普段の生理より多い可能性があります。そしてMifegyneの服用後12日くらいまでは少量の出血が続きます。
 

『副作用と合併症について』

・出血、下腹部痛、痙攣
・吐き気、嘔吐、下痢
・稀に蕁麻疹
・めまい、ほてり、寒気、熱、気分がすぐれない
 
1〜4%の確率で、胎児が完全に排出されないことがあり、外科的処置(掻爬手術)が必要な場合があります。
 
以上のようなことが表記されています。先生も言っていましたが、一番最後に書かれてある、「1〜4%の確率で・・」という文章。薬で排出しきれなかった場合はやはり掻爬手術が必要なのだそうです。というか、この「掻爬」という言葉、見るだけでも嫌な気分になってしまいます。。。
 

私の場合は、2種類目の薬の服用を待たずに出血や腹痛が始まりましたが、きちんと2種類目の薬は先生に言われた通り48時間後に服用しました。

 

さて、今日はここまで。。