読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も昼寝部 〈オーストリア支部〉

移住に最適な国 ランキング第7位(2016)のオーストリアより

初めての妊娠→流産 記録③

からだのこと

いつ痛みが来るのか、出血が来るのかという不安もあり、あまりよく眠れなかったものの、昨日と大した変化もなく起床。

あ、そうそう、昨日から1週間病欠扱いなので、仕事はきっちり休んでいます。体調が悪い時にしっかり休めるこちらのシステム、ありがたいです。

 

今日は朝から二月下旬とは思えないほど暖かく、窓を開けていると入って来る風が心地よく、しっかり掃除機をかけ、玄関の掃き掃除をし、シャワーも浴びてスッキリ。

 

本当に痛みや出血がやって来るのかな?というような感じでした。

 

昨日病院で、血液検査(血液型やホルモン値を調べるため)をしたのですが、その時、「明日お昼以降にこの番号に電話して、血液型の結果を聞いてください」と言われていたので、病院に電話。

名前と生年月日をいうと、「はいはい、昨日薬を飲んだ方ね。A型ポジティブですよ〜」とのこと。

 

A型ポジティブというのは知っていたし、診察時に申告もしたけれど、それを証明するものが何もなかったので、血液型もちゃんと調べてくれたのです。血液型調べるのって小学生の時以来だなぁ。

 

で、今日の任務を終えのんびりしていたところ、午後三時頃から生理痛のような痛みがだんだん強くなってきました。

横になって少し眠ったのですが、夕方目をさますと、痛みはさらに大きく。。。意識して息を吐いて気を紛らわします。でもどうにもこうにも辛くて、足先は冷や汗で冷たくなってきました。

 

出血が始まった感じもあります。生理痛は私はかなり軽いのですが、今日の痛みはその生理痛のすごくしんどい版。ベッドの上で体を折り曲げ、大きく息を吐くことをしばらく続けました。

でも、本当に辛かったので、鎮痛剤を飲むことにするのですが、食欲がなく今日は朝からあまり何も食べてなくて胃が空っぽ。

 

相方にご飯を炊いてもらうことにしました。ご飯が炊けるのを待つ間も痛みのためにベッドでくねくね。

 

ご飯が炊けると、普通に歩けずに、体を折り曲げながらベッドを出てテーブルまで行き、それでも普通に座っていられないので、床に突っ伏しながらなんとか少しご飯を食べ、藁をも掴む思いで鎮痛剤を飲みました。

 

それから薬が効いて来るまで、そうですね、多分15分から20分くらいだったと思うのですが、痛みで苦しく、見よう見まねで「ヒーヒーフー」とか呼吸をして頑張りました。

 

薬が効いて来ると、すーっと痛みが和らぎました。普段薬が嫌いで、鎮痛剤のお世話になったことはここ数年記憶にもないくらいなのだけど、今回は本当に西洋医学に感謝。

薬がなかったら、地獄でした。。。

痛みが引いても、たまにちょっと痛みを感じるのですが、もりもり食欲が湧いてきて、食べ残したご飯やおやつなどを、ここぞとばかりに摂取。

次いつ痛みが戻って来るかわかりませんしね。

 

出血はどんどん多くなって、トイレに行くと生理のすごい重いバージョンのような血の塊がどんどん出てきます。

 

子宮を収縮させる薬は明日の朝飲む予定なのだけれど、この分だと、それまでに子宮の中の不要になったものが全部出てしまうのではないかと思うくらい。

出血が始まっても、ちゃんと薬は飲んでください、と病院からもらった説明書には書かれてあるので、明日ちゃんと薬は飲みますが。

 

薬のおかげで今は本当に楽になって、こうやって今日のことを綴っていられるのですが、次いつ痛みが戻って来るかと思うとちょっと怖いです。

ネットで、こういう流産を経験した方のブログなどを読んで、わかっていたつもりだけど、本当、生理痛の最強版ですね。。。

 

でもお産の時の陣痛って、きっとこれよりまだまだ痛いのだろうし、私みたいに鎮痛剤も使えないだろうから本当に大変だなぁと想像できます。

そして、少しだけでもそれを経験できたことは収穫だと思います。

 

鎮痛剤は6時間は間を開けて、一日に2回までしか飲んではいけないので、今夜鎮痛剤が切れる前に少しでも眠れたら良いなぁと思うのですが、さぁどうなんでしょう。

 

でも面白いことに、このプロセスが始まるまでの方が痛みに対しての不安が半端なくて怖かったのですが、いざ痛みの渦に巻き込まれてしまうと、不安に思う余裕がなくなってもう受け入れる&乗り越えるしかないので、精神的には昨日よりずっと楽です。痛いですけど!!

 

そのおかげもあるのか、今日は泣くこともほとんどなく安定しています。この怒涛の過程が過ぎ去ったあと、振り返ってみて自分がどう感じるのか分かりませんが、とにかく自分の体を信じて頑張ろうと思います。