読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も昼寝部 〈オーストリア支部〉

移住に最適な国 ランキング第7位(2016)のオーストリアより

きほんの鶏からあげ

f:id:sophiekumi:20161206233519j:plain

 

大好きな鶏の唐揚げを、夏以来食べていません。

そこで、仕事が長丁場で、お弁当を作っていくことにしたのですが、お弁当の具に久しぶりに唐揚げを作りました。

 

久しぶりに作ると、以前どうやって作っていたか忘れてしまいます。そこで今回参考にしたのがこのサイトの作り方

 

kurashi-no-kihon.com

卵がなかったので、卵は省略。生姜も少ししかなかったので、代わりに生姜シロップを少し投入して見ましたところ、大成功。

あ、あと、前日の夜に下ごしらえをして一晩タレに漬け込みました。

結果、とっても美味しい唐揚げができました❣️

 

日本のようにすでに骨がない鶏のもも肉を見つけることが難しいこちらでは、もも肉が使いたいときは、自分で解体するしかありません。

その解体が面倒というのもあって、普段鶏ももを使うことってほとんどない(手羽ばかり)んですけど、今回は頑張りました。

 

スーパーで買ってきた骨付鶏モモ3つ分を解体。二人で食べても少しお釣りがくるくらいのちょうど良いお肉の量になりました。

 

ちなみに今回使ったのはBioの鶏肉。抗生物質の心配などがあるので、お肉はできるだけBioを使っています。そうでないお肉よりちょっと高いけど、量はそれほどいらないし、安心して食べたいので、そういう出費に対してはもったいないとは思っていません。

今回のお肉は、骨付もも3つ分、約580gで8ユーロほど。今のレートだと1000円弱といったところでした。

お肉は週に1度くらいしか買わないし、こちらの日本食レストランで食べることに比べたら、高いとは言えないなぁと思います。

8ユーロでお腹いっぱい美味しい唐揚げが食べれるんだもんね〜(*^◯^*)

 

揚げ物って片付けのこととか、においのこととかを考えると億劫だけど、やっぱり美味しいなぁ。。。コロッケとかも作って見たいなぁ。。。

 

 

鶏唐揚げ プロのテクニック

鶏唐揚げ プロのテクニック