今日も昼寝部 〈オーストリア支部〉

移住に最適な国 ランキング第7位(2016)のオーストリアより

ウィーンで買った食材あれこれ

f:id:sophiekumi:20171020190828j:plain

 

昨日ウィーンに行ってきたんですけど、ウィーンに行くとですね、私はいつもだいたいナッシュマルクトの横のkojiroという寿司バーでお寿司を食べるんです。

 

その寿司バーの近くに、日本屋さんという日本食材店があり、そこでもよく買い物をします。ちなみに昨日はそこでえのき(韓国産ですが)と、1キロほどもある大きな梨(これも韓国産)を買ってきました。

えのきが一袋1.5ユーロ(今のレートで約200円)くらい。梨が一つ5ユーロ(今のレートで約670円)くらい。

円に換算すると、えのきとかちょっと高く感じるんですけど、ウィーンに行った時にしか買えないもので、なかなか普段には口にする機会のないものなので許容範囲なのです。

梨も1キロくらいある大きなもの。こういう大きな梨は日本でも1つ5.6百円すると思うので、日本価格と思えば高いとは思いません。

むしろこういう食材をこの程度の価格で購入できるのが嬉しい。

日本産だったら、きっともっと高くなっちゃうんじゃないかと思います。

 

さて、日本食材店を後にしまして、次は、これまたそのお店から歩いて2,3分ほどの場所にあるシチリア食品店に行きました。

 

実はここには先週ウィーンに行った時にも訪れたのですが、残念ながら先週の間ずっと閉店してたんです。閉店、つまり、店長さんがシチリアへ買い付けに行ってるってことですよ、奥さん!

このお店には店長さんが直接シチリアで買い付けてきた、ほんの数種類の旬のものしか売られていません。

 

昨日はみかんとレモン。オリーブオイルとプロシュットはだいたいいつもあるかな。

みかんが旬なので、お店の中にみかんの入った段ボールだけがどーんと積まれていて、そこから好きなだけ袋に入れるという感じです。

 

昨日はみかんとレモン、そしてオリーブオイルもせっかくなので購入しました。オリーブオイルはお店で瓶に詰めてくれるんですけど、ひとびんどのくらい入ってるのかな、500mlとか700mlとかかな。オリーブオイルはひとびん10ユーロちょっと。

これがまた美味しいんですよ。緑色でね。パンなんかに直接つけて食べると気分はシチリアw

 

帰宅してから、早速みかんを食べてみたんですが、ちょっと酸味は強いものの、ジューシーで、スーパーで売っているみかんと全然違うんです。

なんというか、太陽の恵みの味がしました。

旬のものってやっぱりそれだけで美味しいですよね。

 

というわけで、良い買い物ができて大満足のウィーンでした。

 

お寿司屋さん kojiro

https://www.facebook.com/Kojiro-Sushi-220335634673506/

 

日本屋さん

Nippon-Ya 日本屋

 

シチリア食材店 Crupi

 

www.crupi.at

 

 

 

B2 ÖSD ドイツ語試験 受験記録

もうかなり前のことになりますが、ÖSDのB2の試験を受けて来ました。

ドイツで生活を始めて半年くらいして、B1の試験を受けて以来、実に10年ぶりくらいでしょうか。

ドイツではゲーテインスティテュートがこの試験の機関となっていますが、オーストリアでは、ÖSDが行なっています。

 

私が受けたのはÖSD Zertifikat B2というレベル。ゲーテで言うところのGOETHE ZERTIFIKAT B2にあたります。この試験、60%得点できれば合格で、得点に応じてレベルがあり、sehr gut bestanden(優良), gut bestanden(良), bestanden(可), nicht bestanden(不合格)と結果が4つのカテゴリーに分けられています。

 

最後の一つ以外は「💮合格」なので、ギリギリでも点数が足りていれば合格として証明書が発行されます。

 

このB2の証明書は、国籍をオーストリアのものに変更する時や、大学入学時などに必要になります。私は国籍を変更する気はないし、大学に入る予定もないので、今はこの証明書は必要でありません。(永住ビザにはこの試験より一つ下のB1が必要でした)

 

でも、このご時世この先、法律がどうなるかわからないし、取って置いて損はないんじゃないかと思い、今回受験したと言うわけです。

 

受験料は159ユーロ (今のレートで約21000円ほど)。貧乏サラリーウーマンの私にはかなりの出費でしたよ〜

 

試験は朝8時から一日がかりで行われます。

午前中3時間が筆記試験、お昼休みを挟んで午後が口頭試験です。

 

筆記試験はLeseverstehen読解(90分)、Hörverstehenリスニング(30分)、Schreibenライティング(90分)の3つに分かれています。このうち、LeseverstehenとSchreibenでは、辞書の使用ができます。しかも驚くことに、独独だけでなく、母国語の辞書も使用可能。太っ腹です!でも、あんまり辞書を使ってばかりだと時間が足りなくなるので頼りすぎるのもどうかと思いますが^^;

私が当日持参したのは、独独と独日の計2冊。主にSchreibenの試験の時に、綴りが怪しい単語をチェックする目的で使用しました。

ちなみに、スマホの辞書のアプリなどは使用できません。そもそも携帯は試験中、完全に電源を切り、カバンの中に入れて、教室の外に置いて置かなければなりませんでした。

 

Leseverstehen

Aufgabe1 長文を読み、その内容に該当する設問に3つの選択肢の中からチェックを入れる質問が5つ(文章は長いけれど、選択肢は結構当たり前のようなことが書かれてあるので選びやすいと思う。)

 

Aufgabe2 5つの文章を読み、それに対応するタイトルを10個の選択肢の中からそれぞれ選ぶ (5つの問題のうち、3つは割と簡単だけど、残りの2つがどちらかな〜とちょっと悩むような引っ掛け問題)

 

Aufgabe3 語尾が欠けている文章の欠けた語尾の穴埋め20個(欠けた部分には最大3文字が入る。それは語尾の時もあるし、一つの単語のこともあるし語頭の時もある。何回か似たような問題を解くと慣れてくる。格による語尾変化は必須)

 

Aufgabe4 手紙や広告の文章の穴埋め10個(動詞とそれに対応する前置詞などの組み合わせを頭にいれておくと良い。)

 

Hörverstehen

Aufgabe1

 まず90秒、10個の設問を読む時間が与えられてから、ラジオなどのインタビュー音源を2回聞き、そのインタビュー内容と設問が正しいか間違っているかチェックをつける。

インタビューが長いので、1回目はどちらかというとそのインタビューの内容をよく聞いた方が良い気がする。その時、絶対これは正しい、とか間違っているとかいう設問がいくつかあると思うので、それはささっとチェック。そして、2回目を聞く時に、1回目で聞き取れなかったり、不確かだったりした部分を注意して聞くようにすると良いかも。

設問を読みながら同時進行だと結構難しかった。

 

Aufgabe2

こちらは1回しか聞くことができない。3つの似たような施設について、何時から開いているかとか、どのような設備があるかとか、電話番号とか、利用料金はいくらとか、問い合わせをしている音源。

数字が聞き取れれば、これは結構簡単かな。

 

Schreiben

Aufgabe1

 企業やお店、コースなどのインターネット広告やチラシを見て、利用して見たり、申し込んで参加して見たけれど、広告に書かれてあったことと違っていたことに対してのクレームを書くというもの。

4点のクレームポイントが指定されていて、これを必ず文章の中に入れること。文頭の挨拶(Sehr geerte Damen und Herrenとか、Mit freundlichen Grüßenとかそういうの)の言葉や〆の言葉などを必ず書く。過去形は直接法過去の形を使って(ich habe gekauftじゃなくって、ich kaufteと表現)

 

Aufgabe2

 ValianteAと、ValianteBの二つから、自分の好きな方を選んで、それについて意見を書くというもの。それぞれのValiatnteにつき、3つの意見があって、それについて自分はどう考えるか、個人的なあなたの考えはどういうものか、自分や友達の実体験、母国ではどんな感じか、反対意見を文章にする。

 

Aufgabe1もAufgabe2もそれぞれ約120文字くらいで書く(120文字より少ないとダメらしい)こと。120文字よりずっと多く書いても構わないけど、文章が長くなれば長くなるほど、ミスをする可能性も増えてくるので、あまり長すぎない方がベターだと、通っていた語学コースの先生は言っていた。

 

 

8時から始まって、筆記が終わったのが大体12時半ころ。それからお昼休みがあって、午後は口頭試験です。

 

私は他の受験生と2人ペアでの試験でした。

まず、問題用紙を配られて、15分間、問題を読んだり、考えをまとめたりする時間が与えられます。

そのあと、試験官2人が待つ部屋に入り、いよいよスタート。

 

Sprechen

Aufgabe1,  Aufgabe2, Aufgabe3とあり、それぞれ5分ずつです。

あくまでも私が受験したときのものですが、Aufgabe1は、シチュエーションとして、電車で近くの席に居合わせた二人の会話。まず、行き先などを聞き、その後、「仕事」をテーマにして会話してください。と言ったもの。

なんかテーマが漠然としていて、私とそのパートナーは結構ヒッチャカメッチャカなっだのですが、単に「お仕事は何ですか?」とか、自分の仕事を紹介したりとか、そんな感じで良いみたい。

 

Augabe2は、一人ずつです。

まず3枚の写真を見せられ、その中から1枚好きなものを選んでくださいと言われます。選んだ1枚の写真について、その写真のことを自分の言葉で説明すると言った感じ。

私は公園でおじさんたちが集まってチェスをしている写真を選びました。写真にどんなものが写っているかとか、写っている人はどんな表情をしているとか、場所はどこかとかそんなことを説明したけど、どうだったのかなww

 

Aufgabe3は、またパートナーと二人で話します。「子供に一人部屋は必要か?」と言うテーマに対し、賛成派、反対派にそれぞれが割り当てられ、討論すると言ったもの。

賛成派になるか、反対派になるかは準備のための15分の時に割り当てられます。

賛成派、反対派の意見として、一つずつ文章があり、それに基づいて討論します。

私が受験した時のテーマは、子供部屋についてでしたが、試験のつどこのテーマは変割ります。

大事なのは、相手を納得させる根拠が述べられるかどうか、ということみたいです。

 

口頭試験は、いざ試験官の先生二人を前にすると、緊張してしまって、ろれつが普段以上に回らなくなり、準備の15分で用意したメモとか、読む余裕もなくって、あれは別に必要なかったんじゃないか、と思いましたww

 

 

結果は2週間後に郵便で送られてくるとのことで、ドキドキです。合格してると良いけど、ギリギリ合格だったら、もっと勉強してまた受けに行こうかなとか思ったりしています。。。落ちてたら。。。。勿論再受験しますww

 

 この模擬試験問題集を買って勉強しました。本物とそっくりなので、実際の試験がどのように進んでいくのかあらかじめ知ることができて、自分の弱点も研究できて、良い買い物だったと思います。

 

 

B2-Finale, Vorbereitungskurs Zur Oesd-Prufung: B2-Tests

B2-Finale, Vorbereitungskurs Zur Oesd-Prufung: B2-Tests

 

 

こちらも購入しました。自分がすっかり忘れていた文法だとか、言い回しだとかをチェクできました。が、これはどちらかというと、試験対策用のコースに通う人向けと言った感じで、個人的にはこれは無くてもよかったかなと思います。

 

 

B2-Finale, Vorbereitungskurs Zur Oesd-Prufung: B2-Tests Mit Audio-CD

B2-Finale, Vorbereitungskurs Zur Oesd-Prufung: B2-Tests Mit Audio-CD

 

 

 

イライラを分析してみました

前回の記事、イライラが頂点の時にわーっと書いてしまってちょっと自己嫌悪。

ああ、恥ずかしいです。。

 

 

冷静になった今、何故私があんなにイライラしたのか分析してみたいと思います。

 

理由その1

 言語の響きがやっぱり好きになれない。

 

イライラの原因はこれが一番大きいんじゃ無いかなと思うんです。その言語はどこかねとっとした響きがあることばで、そして、いつも語頭にアクセントが来ます。

母音は結構広めに開く感じで、子音は日本語にもドイツ語にも無い独特の発音が存在。

そして、これは日本語も似たところがあるんですが、誰かに優しく伝える時に、少し語尾が上がります。

私がこの言語で一番慣れないのは、やっぱり響きとアクセント。

私はその言語が全く話せないので、彼とは英語で話したのですが、彼の話す英語のアクセントもこの言語訛り(当然といえば当然なんですけど)で、例えば単語の頭にいつもアクセントが来るんですね。そしてネトっとした響きもプラス。

そうすると、「それは私の知ってる英語じゃな〜い!!」って体が拒否反応を示すんです。

 

私が話す英語だってバリバリ日本語訛りで、しかも流暢に話せるわけでもなく、人のアクセントを嫌いだと言うのはお門違いだと言うのは十分わかっているのですが。。

 

理由その2

 家が狭すぎる

 

以前に一度会ったことがあるとはいえ、小一時間食事をしただけで、ほぼ初対面の、しかも外国人。そんな人とこの狭い居間で時間を共に過ごすというのはやっぱりパーソナルスペースが侵害されると言うか、そんなに心地の良いものではありません。

その上、やっぱりこっちも気を使って何か話さないとまずいかなと思うし、それもストレスになりました。

 

理由その3

 マイペース

 

私は自宅大好き人間で、この大好きな空間にいつもと違う人がいて、自由に動き回って居るのがちょっと辛かったです。

別に普通のことだし、私も他人の家で同じようなことをするんだけれどね。。

例えば食卓の椅子に洋服を普通にかけていたり、前回愚痴った時にも書いたけれど、食卓に彼の香水の瓶がずーっと置かれてあったり、冷蔵庫に普通に買って来たものを入れていたり。。。あとトイレを立ってするのが結構嫌でしたw

狭い家だからトイレも居間のすぐ近くで色々と聞こえちゃうんですよね^^;

 

あと、これも書いたけど、どうしても子供のために買いたいものがあって、そのために私たちは時間のない中待っていたけど、特に待たせてごめんとか言うこともなく、「買えて良かった!」と我々に戦利品を見せびらかしたり。

 

なんか、ここでこう言ってもらえたら、私も仕方ないなぁ〜って流せる場面を、それとは全く逆の行動を取られたり言われたりで、私がストレスを感じる場面が多かったです。

 

自分の好きなお客さんなら、こちらも精一杯おもてなししたくなるんだけど、以上のような理由から、彼に対してそういった気持ちがこれっぽっちも沸かなかったんですよね。。ああ、私ってやっぱり人間できてないなぁ。。(知ってたけど)

 

もう少し親切にしてあげれば良かったのかなとも思うけど、まぁあのマイペースな感じだと、私のイライラも伝わってなかった可能性大だし、ま、今回は無事に彼が帰り着いて良かったなというところでしょうか。

 

次もし彼がまたふらりと遊びに来たいと言った時、私が家にいないと良いなと思っております。もし私も家にいる場合は、あれこれ理由をつけて断っちゃうかもww

 

 

 

 

心の狭い私

あれまぁ、前回の更新から夏休みを吹っ飛ばして、もう10月ですってよ!

 

それはそうと、この週末、大学時代の親友が遊びに来てくれていました。彼女の旦那さんのお仕事に同行したついでに一日滞在を延ばしてくれて、一緒に遠出して美味しいご飯を食べたり、思いっきり喋ったりしてすごく楽しかったです。

 

さて、彼女がくるのはもう前々から分かっていたのですが、本当はうちに泊めてあげたかったのに、うちにはお客さん用のマットレスやお布団がなく、今回はホテルに泊まってもらいました。

 

その彼女が来る2日前に、相方の友達が、急に彼に「寝袋持参で今週末遊びに行っていいか?」と連絡をよこして来ました。

よくは知らないけれど、奥さんに急に離婚を切り出され4歳の息子と離れ離れに暮らすことになった彼。

この週末はその息子さんと過ごす予定だったのが、急な予定変更で中止になり、ぽっかりと時間が空いてしまったというのです。

 

私は親友と水入らず(ちなみに相方とも既に何度か会っているので初対面ではありません)で楽しくワイワイ過ごしたいと思っていたので、正直、私は相方の友達がこの週末に我が家に来ることに対してあまり歓迎する気分ではありませんでした。(もうここから私の意地悪さ爆発)

 

まぁでも断るのもなんだしと思って、私も「いいんじゃないの?」と相方に言い、その友達も私の親友と同じ日に遊びに来たというわけです。

 

私は彼に一度だけ会ったことがあり、まるっきりの初対面ではなかったのですが、その時は相方と三人で小一時間食事をしただけでした。相方の国の言葉はわからないし、彼は英語は話すけれど、私は英語で話すのは疲れるので極力話したくないし、でその時の記憶はそれほどありません。

 

結局この日レンタカーを借りていたこともあり、相方、その友達、私の親友、私の四人で行楽に出かけました。

道中は私はほとんど親友と喋り倒していたので楽しかったのですが、なんかモヤモヤしたのは食事の時。

 

昼食を食べたレストランでの会計のこと。

我々は皆それぞれお料理などを注文し、さて支払い。相方が皆の分をまとめて払おうとすると、親友はすかさず「じゃあ私はみんなの分の飲み物とデザート代払わしてね!」と相方の強い制止も聞かずに払ってくれました。気の利く彼女らしい行動です。そんなことは私は望んでいなかったけど、ありがたいです。

そしてお料理の分は相方が皆の分を支払い。私は後でいつも自分の分は彼に渡すので一度に彼が払うのは別にいつものこと。

一応相方の友達は悪いと思ったのか、自分の分を彼に渡そうとはしましたが、それを断る相方。

 

実は、この日、朝食も相方が全て出していました。

まぁ、相方がご馳走すると言っているのだから私が文句言う権利はないのだけれど、相方の懐事情を知っている私としては、ちょっと不満。

 

なんか、こっちの都合も考えずに急に遊びにきて、お金はこっちに出させるだけ出させて。。。うーん微妙。。。

 

まぁこれは私の心の狭さですけどww

 

ちなみに、これは彼に限らず彼の国の風習だと思うんですけど、誰かのお家に泊まりに来るときには食べ物を持参することが多いようで、彼も大きなパンとサラミとワインをお土産に持ってきてくれました。

でもそれって、私が好きなものとは限らないし、残ってしまったら逆に邪魔になるので実はちょっと迷惑だったり。。ああ、また私の人間の小ささが。。

 

まぁイラっとするのは他にも理由があって、彼は穏やかに話す静かなタイプで良い人だとは思うのですが、もともと彼の国の言葉の響きがあまり好きではない私w

狭い家の中で常にその響きを聞くと言うのでも結構ストレス。

しかも、彼は「僕は息子にこれを買って帰りたい」とその日の夜仕事があってその時間が迫っていたので早く家に帰りたかった我々は、彼のためにショピングモールに立ち寄り彼が買い物を済ませるまで車で待ちました。

 

その日の夜仕事が終わって先に帰宅していて既に寝ていた私。仕事の後呑んできた相方と彼は2時過ぎに帰宅。

相方は私を起こさないように(もう起きてたけど)小声で話すのに、彼は普通のボリュウムで話し続けるし。。。ほら気がきかないっしょ。

仕方なく起き出していくと、「good morning!」と言われてカチン!「起こしちゃったらごめんとか言えないのかよ!!」と心の中で悪態をつく私w

そのイライラもあって、私はこの夜ほとんど眠れず。

 

家の中では、別に行儀が悪くもなんともないんですけど、トイレを立ってするのがまず嫌。彼の衣類からする強い柔軟剤の匂いに慣れなくて、自分の家がいつもと違う匂いがするのがなんだか嫌。(別に臭いとかそう言うわけではなくて、強い柔軟剤の匂いが嫌い)

食卓に香水の瓶をずーっと置きっぱなしなのも気になるし。。。

 

いきなり来ていいかと聞いてきて、泊まっていくのも二晩か三晩かまだ分からないと言って(私はいつ帰るのかちゃんと知りたいのに)、そんな穏やかにマイペースなところがすごくストレスなのです。

 

狭い居間と寝室しかない家なので、大人が三人そこで共同生活するのはやっぱり私には無理。いや、親友の場合は別ですけど!

 

それほど親しくない人と一緒に家にいて、好きでもない言語を聞き、慣れない柔軟剤の匂いに邪魔されると、許容量の少ない私にとってはストレス以外の何物でもなかった

 

私の親友は、すごく周りに気を使えるタイプで、時にそこまで考えなくても良いのに!と思うくらいなんだけど、いつも笑いがあって、そうやって周りの人にストレスを与えない天才なのです。

こんなことなら、なんとかマットレスを調達して、彼女に泊まってもらいたかったわ!

 

その彼女に比べて、彼のマイペースなところが私にはどうもダメで、明日の朝5時半の電車で帰る(そんなこと言ったらこっちまで超早起き決定でしょう。。。)とか意気揚々と言っているのを聞くともう、早くおかえりください。と言う気持ち。

 

こういうマイペースで、空気の読めないところが、彼の前の奥さんは嫌になったんじゃないかと思うくらいw

 

たった一日二日でもう限界なのに、奥さんだったら毎日こう言うことの連続だろうから大変だったろうなぁと、急に別れを告げた奥さんの気持ちが分かる気がします。

 

本当は今日帰ってほしかったwけど、明日の早朝、やっと彼が帰ってくれるので私は小躍りしたいくらい♪

 

こんな不満をつらつら書いていて、自分って本当にちっさい人間だなぁと思うのですが、狭いお家の中で、それほど知らない外国人と寝起きを共にする生活ってやっぱり私には無理〜。

これがもっと大きなお家であれば、私も少し違った感じで対応できると思うのですが、もう次回は無いなw

次回もし彼が来ることがあれば、是非私の不在時にしてくださいと相方にも強く念を押したいと思うところであります。

 

以上、私がいかに小さい人間かと言う説明でした♪

 

 

 

 

 

ホームベーカリー様様

前回の怒りの記事からすっかり日数が経ってしまいました。2ヶ月近くも更新してなかったなんて!

ちなみに、前回の記事で愚痴っていた同僚はその後も態度は改まらず、というかさらに強力になって、今日はついに稽古の後に、他の同僚が上司に対して、不満をぶちまけました。

上司も相当頭にきていて、彼女の態度が改まらないのであれば、次の次のシーズンは契約延長されないかもしれないとのこと。

さて、どうなりますやら。

 

 

そんな前置きはさておき、

1週間ほど前から、また我が家に相方の子供が二人滞在中です。

相変わらず言葉が通じないため、身振り手振りでの意思疎通を図っているところw

 

子供たちは二人とも小学生なのですが、やはり彼らがいるといないとでは、日々の生活リズムがガラリと変わります。

 

ご飯はしっかり用意してあげないといけない(自分たちなら、お腹が空いてなければ、食べなくてもま、いいか〜で済むのですが)ので、毎日料理してるし、やっぱり部屋も散らかるから掃除の頻度が上がります。

 

そんな忙しい日々を助けてくれているのが、ホームベーカリー♪

朝ごはんにはパンを出すのですが、ここんとこすっかりご無沙汰してしまっていたホームベーカリーが子供たちが来てから毎日フル稼働。

 

手作り手ごねパンも作ろうと思えば作れるけど、ホームベーカリーは。材料を入れて放っておけば勝手にパンが焼けてしまうのでやっぱりすごく便利。

しかも、毎日フレッシュなパンを提供できるし、材料代もかからない。毎日パン屋さんでパンを買うのと比べたらすごい節約になります。

 

子供がいる家庭には必須電化製品ではないかしらと思うくらい。

 

ご飯が日常的に食べられる日本の家庭ではまた違ってくるのかもしれないけれど、こちらで子供がいるならマストな電化製品だと思う。マジで!

 

ちなみに我が家のhームベーカリーは数年前に、知人のおすすめで購入したパナソニックのもの。

パナソニックが海外向けに作っているもので、日本のホームベーカリーとはちょっと違ってゴパンとかは作れないけど、十分です。

 

www.amazon.de

 

そんなこんなで子供がいる生活にてんやわんやなのですが、後数日で私は帰省もするので、その準備もそろそろ始めないといけないなぁと思っています。

 

今回、これまで使っていたスーツケースの鍵が壊れた(鍵を閉めると開かなくなる)ので、新調しました。

そのスーツケースを初めて使っての帰国。

楽しみです♪

 

今日は愚痴りますよ〜

最近ある同僚の行動や物言いがいちいちカチンときて仕方ありません。私が今の職場で働き出した当時から、比較的仲良く付き合ってきた人なのですが、なんというか「お前がそれを言うか!」みたいなことが毎日のようにあります。

 

以前はそれほど酷くなかったし、向こうは私のことは付き合いやすい同僚だと思っているようで、色々と他の同僚の悪口なんかを一方的に聞かされたりする程度のものでした。

 

向こうの私への評価は以前と変わらないようで、今でもそういうことばかり。でも今の彼女、はっきり言ってダメだと思う。

 

稽古への遅刻はしょっちゅう。

まずこの時点で私は不信感が募る。

遅れてきても、誰よりも早く帰る。

または、稽古中に、「今日はここまで!」みたいなことをしょっちゅう言う。

気分が乗っている時だけ歌う。

歌ったら歌ったで、音程は合っていない。

発音も悪い。

気分が乗らない時は、稽古中自分の席で雑誌をめくっている、というかこれがデフォルト。

稽古中もしょっちゅう私の名前を呼び、上司や他の同僚に対する、愚痴や批判を言う。

はっきり言って、私が上司の言っていることに耳を傾けたい時は、すごく迷惑。

呼ばれているのを気づかないふりはするけど、完全無視もできないのが私の悪いところか。。

舞台稽古でも公演中でも、演技や音楽と関係ない私的なことで笑ったり、コメントしたりする。(一人こういう人が舞台にいるだけで、作品の緊張感がなくなる。真面目に取り組んでいる人には大迷惑だし、お客さんにも酷く失礼。)

その前に、演技ができない。と言うか演技したくないのかも。としたら、あなたこの仕事向いてないから他の探しなよ。

 

自分が一番よく知っているんだという態度で、物事を批判。

それだったら、あなたが皆を引っ張っていけるようにすればいいじゃない、と言うと、そのためにエクストラでお金がもらえるわけじゃないのに、力を出すだけ損みたいに返答される。(この考え方は彼女の出身国独特のものなのかもしれないけれど。)

 

私は彼女の近くでいつも歌っているからよく知っている。

フレーズの入りはいつも遅れているし、フレーズの終わりはいつも長すぎ。

自分が一番音楽的に美しく歌っていると思っているが、実は音程も言葉も問題ありまくり。

気が向いたときだけ大きな声で自由に歌うものだから、それまで作り上げてきた音楽が彼女の一声で台無しに。失礼極まりない。

彼女は私より先にこの職場で働き始めているので、オーディションのときにどんなに歌ったのかは知らないけれど、はっきり言って、今のレベルではどこの劇場もとってくれないと思う。

 

 

ただ、批判はよくするけど、本当に気に入ったら褒めるということもよくする人で、私のこともたまに褒めてくれたりするのだけど、今はそれすらもカチンとくるくらい、彼女の日常の仕事への姿勢、振る舞いが理解し難い。

 

思ったことを熟考することなくダイレクトに口にするので、様々な同僚の地雷を踏んでいて、それを彼女は気づいていない。

 

空気が読めないというやつか。

 

歴史や政治のことなど、よく知っている人ですごいなぁと思う部分はあるけれど、自分のことは棚に上げて、他人に対して不平不満を言ってばかり。

他の同僚に対してすごく失礼。馬鹿にしてる。

この間なんか、音楽稽古では全く声を出さず、その稽古の後、個人練習を熱心にしていてほんと頭にきた。仕事をなんだと思っているのか。

もし、彼女がすごく才能のある人で、するべきことちゃんとしている人であれば、その程度の不平不満は私はちっとも気にならないと思う。

 

言葉に行動が全く伴っていないから、彼女が何か言うたびに「お前がそれを言うな!」って内心思ってる。

この分だと、彼女のことを聴いてくれる人は一人もいなくなっちゃうよ。

自業自得かもしれないけれど、そのことに全く気づいていない様子なのがなんだかなぁと思う。

 

この先改善するとは到底思えず、一緒に仕事する人をナメたあの動作振る舞いはますますひどくなるのではないかと思う。。。

 

とりあえず仕事しているようなふりをして、そこに入ればお給料は入ってくる。って思ってるのかしら。

みんな同じお給料もらってるのに、自分で努力して頑張ったら損みたいな考え方、申し訳ないけど、私には全く理解不能です。

 

はぁ、言いつくしたかな。

今日は本当に、愚痴が溜まっていたので、愚痴ってしまいました。

どこにもいるんでしょうか、こう言う同僚。。。

 

 

 

べルリン・ロストック旅行記 ホテル、買い物、

f:id:sophiekumi:20170510154137j:plain

 

たった2泊3日の小旅行だったけど、最高に気分転換ができました。

自宅が一番の私ですが、やはりたまに遠出すると良いですね〜。

次回飛行機に乗るのは、夏の帰省のときかな。

 

さておまけとして今日は泊まったホテルや買ったものなどを記録しておきます。

まずホテル。去年ベルリンで泊まって大満足だったので、今回も利用しました。

利用したホテルはこちら。

www.victors.de

テーゲル空港からは12kmほど離れていますが、このホテルの前はAlexander PlatzやUnter den Lindenを通るバス(100番だったかな?)の停留所があり、便利ですし、Alxander Platzまでだと徒歩で20分ほどです。

空港までタクシーで27ユーロくらいだったと記憶しています。荷物の多いときはタクシーが楽チンで便利です。

 

前回宿泊したときは夏でお天気が最高で、このホテルの中庭でとった朝食がものすごく気持ち良かったですが、今回はそこまで暖かくなく室内での朝食。ビュッフェです。

でも、品数が豊富で大満足です。

この朝食のためにこのホテルに泊まったと言っても過言ではないくらい🤣

 

ある日の私の朝食プレート。私の並べ方が素敵じゃないけど、美味しいですからね!

f:id:sophiekumi:20170510155248j:plain

 

通りを挟んでホテルの向かいには大きな公園があり、緑豊かで、特に休日の朝などは静かだし、清々しい気分になれます。(週末や休日前の夜は、若者が集まって何やらパーティーしていることが結構あるけれど、窓を締めれば全くうるさくありません。)

 

時期にもよると思いますが、ツインのお部屋で、朝食付きで、一泊90ユーロくらいでした。

 

 

さて、今回の旅行で買いたかったものがこれです〜。

こちらの気候は涼しすぎて夏でもサンダルを履かないため、サンダルを一つも持っていませんが、夏に日本で履くためにビルケンのお店で買ってきました♪

f:id:sophiekumi:20170510155833j:plain

こういうタイプのものをドイツ時代に持っていて、気に入っていたのですが、オーストリアへ引っ越しをするときに友人に譲ったような記憶があります。

その後私はサンダル難民となり、毎年良さそうなものを買ってはみるものの、なんか気に入らなくてここまできました。

 

オンラインで買えるものの、試着できないし、サイズが合わなくて交換や返品するのも面倒だし、実際手にとってみてみたかったので、Friedlichstraßeにあるお店に出向き、買ってきました。

 

一度実物を手に入れると、あとはそれを頼りにオンラインで購入もできるかなと思っています。別のシリーズのものも欲しい😁

www.birkenstock.com

 

なんか気がつけば、最近服より靴を買ってばかりです。

買ったら買った分処分するようにしてるんだけど、そろそろ処分する靴も底をつきそう。。。

 

日本ではこのサイトで買えるのね、ふむふむ。

www.birkenstockjpn.co.jp